安くて信頼できる外壁・屋根塗装(塗り替え)業者の探し方・選び方がわかります

TOP画像

安くて信頼できる外壁・屋根塗装(塗り替え)業者の探し方・選び方

外壁・屋根塗装(塗り替え)をお願いしようとすると、まず上のような疑問が出てきます。

このサイトでは、そのような疑問を解決する
「失敗しない外壁塗装業者の選び方」
をご紹介します。


外壁塗装を業者に頼む際、私たちが行うこと

業者に外壁塗装をしてもらうまでに、私たちは下の手順をふむ必要があります。

手順1~3には、いろいろな方法がありますので、どの方法がベストか比較してみます。


手順1.外壁塗装にベストな業者を把握

外壁塗装の事業は、様々な業者が参加しています。

ハウスメーカー(住宅メーカー)
新築工事がメインのハウスメーカーは、テレビなどのCMで聞いた事がある名前ばかりの超大手会社です。テレビ広告で宣伝し、住宅展示場を作ったり、飛び込み営業、取引先営業、問い合わせ応対営業など、多くの営業マンを雇うため、人件費、宣伝費も莫大です。

ハウスメーカーは自社で外壁塗装はしません。そのため、ハウスメーカーに外壁塗装をお願いすると、人件費や宣伝費が上乗せされた中間マージンが発生し、工事費用が非常に高額になってしまうのが特徴です。

リフォーム会社
外壁塗装工事だけでなく、家の中の内装工事、台所、風呂などの水回り工事、防音工事、耐震構造補強などの耐震工事など、いろいろなリフォーム工事を行います。

しかし、お願いしたリフォーム会社が全てのリフォームをしてくれるわけではなく、実際はそれぞれのリフォームに合わせた下請け業者が作業します。

そのため、リフォーム会社に外壁塗装を依頼すると、中間マージンがかかります。
また、中間マージンは、中小のリフォーム会社より、営業マンを多く雇い、広告チラシを頻繁に行う大手リフォーム会社のほうが高くなります。(人件費や宣伝費が中間マージンに上乗せされるため)

ホームセンター
塗料などの塗装材料や、ローラーや刷毛、ペンキなどの塗装道具を販売しているホームセンターでも、外壁塗装工事を受け付けています。

ただし、ホームセンターの職員が外壁塗装を行うわけではありません。
実際は、ホームセンターの下請け業者が外壁塗装工事を行うため、中間マージンが発生します。
そのため、中間マージン分、工事料金が割高になります。

訪問販売業者
頼んでもいないのに直接訪問し、外壁塗装の営業をする業者です。
外壁塗装工事のトラブルが多いのが、訪問販売業者です。

訪問販売業者も外壁塗装は下請けに任せるため、中間マージンが発生します。

また、「うちの塗装は30年以上持つ」など、ありえないようなウソをつき、高額な請求(ぼったくり)をしてきます。

また、モデル工事商法といって塗装料金を格安にするので、モデルケースになってくれないかと即決を迫る悪質業者もいるので注意が必要です。

外壁塗装専門業者
その名の通り、外壁塗装を専門とした業者です。

外壁塗装専門業者の中には、ハウスメーカーやリフォーム会社の下請けに回る業者もいます。
しかし、外壁塗装専門業者に直接頼む事が出来れば、中間マージンなどはなく、しっかり支払った金額の分の工事を行ってくれるので施主側としては金銭的なメリットが大きいです。

ただし、広告チラシや、きれいなホームページで集客に力を入れている外壁塗装専門業者は、集客にかかった費用を工事料金に上乗せするため、割高になります。

そのため、電話帳やインターネットで目につく外壁塗装専門業者にお願いすると、割高になる場合が多いです。

外壁塗装引き受け業者別 メリットとデメリット
 業者の種類  メリット  デメリット
 ハウスメーカー ・見つけやすい ・中間マージン、営業マンの人件費、広告代
 が上乗せされて一番割高
 リフォーム会社 ・見つけやすい ・中間マージン、広告代が発生して割高
 ホームセンター ・見つけやすい ・中間マージンが発生して割高
 訪問販売業者 ・見つけやすい
(向こうから勝手に来る)
・中間マージンが発生して割高
・トラブルが多い
 外壁塗装専門業者 ・自社施工で一番割安 ・集客に力を入れている業者は割高
・割安な業者は見つけにくい

結論
外壁塗装専門業者に依頼するのが一番割安です。

また、ハウスメーカーやリフォーム会社などの元受け業者が安い料金で外壁塗装工事を引き受けると、そのしわ寄せは立場の弱い下請け業者にいきます。

そうなると、下請け業者は手間や材料費を省かざるを得なくなり、手抜き工事につながってしまいます。

その点、外壁塗装専門業者へ直接依頼する場合は、そのような問題もなく安心です。


手順2.安くて信頼できる外壁塗装業者を探す

手順1で、外壁塗装専門業者への依頼がベストだということがわかりました。

次は、外壁塗装専門業者を探す作業です。探し方別に、メリット・デメリットをまとめました。

外壁塗装業者の探し方 メリットとデメリット
 探し方  メリット  デメリット
 インターネット ・簡単に見つかる ・割高の可能性が高い
・腕がいいとは限らない
 友人や知人の紹介 ・悪徳業者の可能性が低い ・金額が安いとは限らない
・相性が悪くても断りにくい
 タウンページ ・簡単に見つかる ・悪徳業者と良心的な業者の区別がつかない
・目立つ位置に掲載している業者は割高
 チラシ広告 ・簡単に見つかる ・割高の可能性が高い
・腕がいいとは限らない
 一括見積サイト ・簡単に見つかる
・価格が安い
・良心的な業者を見つけやすい
・地域によっては対応してない場合がある

インターネットで外壁塗装業者を探す
一番簡単な方法ですが、
「検索で上位の塗装業者=塗装業者のホームページが素晴らしい」
のであって、業者の腕や評判が良いから上位に上がっているわけではありません。

基本的に、外壁塗装業者自身がホームページを作るのではなく、お金を出してホームページ制作会社に外注しています。

そのため、検索で上位になるのに比例して、ホームページの作成に多くのお金がかかっている可能性があります。
つまり、検索で上位にある外壁塗装業者に依頼した場合、ホームページ作成にかかった費用を私たち施主がかぶる可能性が高く、そのぶん割高になります。

友人や知人の紹介
外壁塗装業者を紹介してもらう場合、紹介してもらう人とあなたの関係が良好なほど、悪徳業者の可能性が低くなります。

ただ、
・ご紹介者と業者の相性が良いことは、あなたと業者の相性が良いことにはならない
・費用相場の感覚は、ご紹介者とあなたで全く同じではない
といった点に注意してください。

さらに、人からの紹介は、今後のその人との関係を考えると、断りづらいというデメリットもあります。

タウンページ
インターネットと同様、簡単に外壁塗装業者が見つかります。

ただし、インターネットと同様、多くの紙面を割いて掲載している業者ほど、NTTに多くの広告料金を払っています。そのような業者に依頼した場合、タウンページへの広告掲載料を私たち施主がかぶることになり、割高になります。

電話番号と住所だけを掲載するのは無料ですが、それだけでは悪徳業者と良心的な業者の区別がつきません。

チラシ広告
新聞の折り込みチラシに、外壁塗装の広告を掲載している業者がいます。
チラシに書いている内容は、割安だと思わせるように「○○円~」と最低価格を掲載しています。

でも、そのような価格が適用されるのは、かなりの狭小物件だけで、一般的な住宅には当てはまりません。

また、チラシ広告にもお金がかかります。頻繁にチラシ広告を出している外壁塗装業者は、広告料金を私たち施主がかぶることになり、割高になります。

一括見積サイト
一括見積サイトとは、サイトに見積もり依頼するだけで、複数の外壁塗装専門業者から見積もりをもらえるシステムです。

地域によっては対応していない場合もありますが、複数の業者が競合するため、価格は間違いなく安くなります。

また、一括見積サイトで加盟業者に対して審査基準を設けているため、良心的な業者を見つけやすいのも特徴です。

結論
安くて信頼できる外壁塗装業者のベストな探し方は、審査基準のある外壁塗装一括見積サイトです。

また、1回の問い合わせで複数の外壁塗装専門業者を紹介してくれる点も、時間の短縮につながり便利です。


手順3.手順2で選んだ複数の業者に見積もりを出し、ベストな業者を選ぶ

最後は、見積もりを出した業者から、ベストな外壁塗装業者を選ぶ作業です。
失敗しない外壁塗装業者を選ぶ基準は下の9つです。

外壁塗装業者を選ぶ基準
重要度:★★★★★最重要 重要度:★★★★☆かなり重要) 重要度:★★★☆☆重要

1.外壁塗装業者のサイトがある(★★★★★
一昔前は、サイトを持っている業者のほうが少ない状態でしたが、今は従業員が数名の小規模な業者でも、サイトを持っているのが当たり前の時代になりました。

逆にサイトを持っていないと、その業者の情報を知りたいお客にとって、不親切です。
「サイトがない」=「お客様に親切にしようという熱意がない」といえます。
サイトの見栄えは関係なく、まず自社サイトを持っている業者を選びましょう。

2.外壁塗装の相場から大きく離れていない(★★★★★
塗装業者の提示する外壁塗装金額が、相場から大きくかけ離れていた場合、必ずその理由を確認してください。納得できる理由があれば、問題ありませんが、あいまいに返答している場合、その塗装業者は、外した方が無難です。

外壁塗装の相場についてはこちらです↓
外壁塗装の費用相場

3.塗る回数は3回塗り(★★★★★
外壁や屋根の塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが基本です。
見積もりには、3回塗りが明記されているか、それぞれの工程で使う塗料名、塗料メーカー名が明記されているか確認します。

こうすることで、何かトラブルが起きた時に、塗料メーカーに問い合わせることができます。

4.相性がいい(★★★★☆
業者によっては、何かあったときに人当たりがよさそうで頼みやすい、とっつきにくそうで頼みにくいといった違いがあります。

出来れば相性のいい相手に塗装工事を依頼しましょう。
例)相性のいい相手
・自分の意見を言いやすい
・威圧感を感じない
・親近感を抱く
特に自分の意見を言いにくい相手は避けるべきです。

5.1級塗装技能士資格がある(★★★★☆
資格がなくても塗装は可能ですが、その業者の仕事に対する姿勢を見るうえでも、資格所有者が在籍する塗装業者のほうが安心です。

6.工事保証がある(★★★★☆
外壁塗装工事に保証をつけている業者もいます。
できれば、保証のある外壁塗装業者へ工事をお願いするのが安心です。

ただ、あってないような保証では意味がありませんので、保証内容についても、しっかり確認しましょう。

家がどのような状態になったとき保証の対象になるのか、どのような保証をしてくれるのか、保証の期間は何年かチェックします。

7.サイトの宣伝が派手すぎない(★★★☆☆
・外壁塗装と関係のない有名人を利用して宣伝している
・検索エンジンで上位表示されたことを宣伝している
など、外壁塗装と関係ないことを宣伝している外壁塗装業者は、サイトでの集客・見栄えにお金をかけすぎている可能性があります。そのため、塗装費用が割高になりがちです。

8.コンテストに入賞したり、施工実績が雑誌に掲載(★★★☆☆
全国建築塗装技能 競技大会など、有名な塗装コンテストに入賞した業者は、金額は別として腕がいい事は間違いありません。
雑誌については、宣伝で掲載しているだけということもありますのでうのみにはできませんが、施工実績が掲載されている場合は、やはり腕が良いと判断できます。

9.サイトで施工実績を多数掲載(★★★☆☆
本業が忙しくて、なかなかサイトの更新まで手が回らないという業者もあります。
そのため、必ずしもサイトが充実している必要はないのですが、施工実績を多く掲載している業者は、それだけ信頼性が高いといえるでしょう。

外壁塗装業者を選ぶ基準が多すぎて大変な場合
各一括見積サイトでは、独自の審査基準を設けて、加盟業者を選別しているところもあります。
そのようなサイトで一括見積もりをすることで、危険な業者への見積もりを避けることが可能です。

外壁塗装の一括見積もりサイトを比較しましたので、ご活用ください。
外壁・屋根塗装一括見積もりサイトを比較


都道府県別外壁塗装業者一覧

全国の外壁塗装業者を、都道府県別に紹介しています。

北海道・東北地方
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸地方
新潟 長野 富山 石川 福井

東海地方
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿地方
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

沖縄・九州地方
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


外壁・屋根塗装工事を安く済ませるには?

外壁塗装前に火災保険を利用してみてください。

「火災保険で外壁塗装?」に思われるかもしれませんが、火災保険の適用条件をクリアできれば、保険金で外壁塗装できます

もちろん、すべての住宅・すべての火災保険で適用されるわけではありませんが、無料で申請できますので、余計な費用はかかりません
また、申請が面倒だったり、申請が通るか自信がない方でも、火災保険が適用されやすいように、申請を代行してくれる業者もあります。

「払いっぱなしの火災保険代の元を取りたい」、「外壁塗装費用を少しでも抑えたい」と思われる方は、ぜひ検討してみてください。

詳しくはこちらです→火災保険を利用して塗装費用を安くする方法
必要な条件:築5年以上で、持ち家であり、火災保険に入っていること


外壁塗装の風景



外壁塗装一括見積サイト比較

外壁・屋根塗装業者

外壁塗装業者の探し方・選び方

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の時期

外壁屋根塗装関連コラム



Copy Right 外壁・屋根業者選びのプロ トソプロ Co.,Ltd.
運営者情報