外壁(サイディング・モルタル)のひび割れ 原因と補修方法

TOP画像


外壁塗装業者の選び方 > 外壁・屋根塗装の時期 > 外壁(サイディング・モルタル)のひび割れ

外壁(サイディング・モルタル)のひび割れ 原因と補修方法

この記事のもくじ
  1. 外壁の種類
  2. 外壁のひび割れ原因
  3. 外壁のひび割れを放っておいてもいい?
  4. 外壁のひび割れ補修方法

1.外壁の種類

日本の一戸建ての外壁には、基本的にモルタルかサイディングが利用されています。

以前、主流であったモルタルによる外壁の仕上げは、サイディングに変わり、現在では多くの新築一戸建てにおいてサイディングが用いられるようになりました。

モルタル外壁の特徴
ラス(網状の金物)などの上からモルタル(水・砂・セメントを調合したもの)を左官で塗って、その上から塗装して仕上げます。

サイディング外壁の特徴
板状の建材を外壁として利用します。製品として出来上がったものを家に取り付けるため、作業性にすぐれ、仕上がりの均一化を図ることができます。建材と建材の間のつなぎ目はゴム製のコーキング剤で塞ぎます。

 モルタル  サイディング

  

  

2.外壁のひび割れ原因

外壁(モルタル・サイディング)のひび割れ原因は、主に地震・経年劣化・施工ミスです。

地震
外側から大きな力がかかることで、建物が歪んで変形し、外壁にひび割れが生じます。

経年劣化
塗膜性能の経年による低下で、素地の膨張収縮に絶えられなくなり、塗膜にひび割れが生じます。

施工ミス
筋交い等の不足など構造的な欠陥から、建物が大きく揺れたり、歪んでしまったりするため、 その歪力が外壁材に働き、外壁にひび割れをもたらします。


3.外壁のひび割れを放っておいてもいい?

外壁のひび割れが危険かどうかは、ひびの幅で判断します。

ひびの幅が0.3mm以下のヘアークラック(髪の毛ほどのひび)であれば、危険性が低いのですが、ひびの幅が1mmを超えてくると、ひび割れがかなり進行している状態です。

そのような場合、建物の内部に水分が浸透している可能性が高く、木材が腐っている場合がありますので、早急に業者に相談してください。

なお、木材が腐るとシロアリが寄り付きやすくなりますので、その点でも問題です。


4.外壁のひび割れ補修方法

外壁の補修方法はモルタルとサイディングで対応が違います。

モルタル外壁のひび割れ補修
方法1:シーリング材もしくはセメント接着剤をひび割れ部分に塗りこみます
方法2:微細なコンクリート粉を塗布し、適量な水分等をあたえてコンクリート粉を定着させます
どちらの方法も、はじめて補修を行う場合は、塗りムラや、元の外壁との色の整合性について気を付けてください。

サイディング外壁のひび割れ補修
サイディングの補修は専門的な知識と、加工が伴いますので、DIYでは出来ません。サイディングの知識を持った専門業者に相談しましょう。

ただ、外壁のひび割れについては、一般の外壁塗装業者では取り扱っていない場合がありますので、外壁塗装一括見積もりサイトの利用が便利です。

外壁塗装一括見積もりサイトでは、ひび割れ補修に適した業者も無料で紹介してくれます。
ただ、外壁塗装一括見積もりサイトもいろいろありますので、比較検討してみてください。
外壁塗装一括見積サイト比較


外壁塗装の風景

外壁上塗り中

外壁塗装一括見積サイト比較

外壁・屋根塗装業者

外壁塗装業者の探し方・選び方

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の時期

外壁屋根塗装関連コラム



Copy Right 外壁・屋根業者選びのプロ トソプロ Co.,Ltd.
運営者情報