外壁のカビ 原因と補修方法

TOP画像


外壁塗装業者の選び方 > 外壁・屋根塗装の時期 > 外壁のカビ

外壁のカビ 原因と補修方法

この記事のもくじ
  1. 外壁のカビとは
  2. 外壁にカビが発生する原因
  3. 外壁のカビを放っておいてもいい?
  4. 外壁のカビ除去方法

1.外壁のカビとは

コケやカビは、植物の種に当たる胞子を飛ばして繁殖します。

普通の植物と違い、コケやカビはタイルやコンクリートなど硬い場所でも根を張れるので、
外壁でも繁殖できるのです。

コケやカビは手入れが悪いから繁殖するわけではありません。
胞子が取りついた場所が繁殖しやすい環境になると、コケやカビは一斉に繁殖するのです。
ですから、外壁の状態がコケやカビにとって繁殖しやすい状態になっていれば、新築の家の外壁でも繁殖します。

コケやカビにとって繁殖しやすい条件は「水分」です。水分が長期間残っている外壁には、コケやカビが繁殖しやすいでしょう。

カビはこのほかにも栄養がなければ繁殖しにくいですが、コケは自分で光合成をして栄養を作りだせるので水分さえあれば繁殖します。ですから、日の当たりにくい北側の壁にコケが繁殖しやすいのです。

外壁の劣化症状で良く見られるのが、コケや藻、カビの発生です。壁が緑や黒になります。
日光が当たらない北側の壁や屋根で発生する事が多いです。これらの症状は、外壁の塗膜の劣化が進むと発生しやすいですが、環境によっては新築から1年ほどで発生することもあります。


2.外壁にカビが発生する原因

家の近くに川や湖など、水がたくさんある場合はどうしても湿度が高くなり、外壁に水分がつきやすくなります。また、田園地帯も季節によっては注意が必要です。

都市部より、郊外に建っている家の外壁の方がカビやコケがつきやすいでしょう。特に、緑が多い場所は注意が必要です。植物がたくさんはえているということはカビやコケの胞子もたくさん飛んでいるということ。

また、植物がたくさんあると湿度が高くなりやすいのです。都市部でも、庭木がたくさんある場合や庭木の陰になって外壁に日が当たらない場合は要注意です。

つるつるとした外壁の場合は、カビやコケの根も張りにくいのですが、外壁がざらざらしているデザインの場合は、凹凸に雨水が残りやすく、カビやコケが発生しやすくなります。

ただし、つるつるした外壁も、ひびが入っている場合はそこからカビやコケが繁殖するケースもあります。

また、外壁の向きによっては、雨が上がってもなかなか乾かないこともあり、つゆどきなど長雨の季節になると、カビやコケがより繁殖しやすくなります。


3.外壁のカビを放っておいてもいい?

コケやカビの発生は、チョーキングやクラック(ヒビ割れ)と違い、今すぐに塗装しないと外壁がもろくなるわけではありませんが、人体への影響はあります。

外壁などの建物に発生するカビの中には、喘息を発症させるなどの人体に悪影響を及ぼす種類があります。

このようなカビを外壁に放置させておくと、人の体に入り様々な健康被害を引き起こす恐れがあります。


4.外壁のカビ除去方法

自分で除去
カビやコケは、塩素系の漂白剤が効果的です。漂白剤の原液を2倍~3倍に薄めたものをじょうろなどに入れて、カビやコケにかけてください。

乾いてしまうと効果がありませんので、日当たりのよい場所ならば10分おきくらいにかけ続けるとよいでしょう。

その後、使い捨てのぞうきんや柔らかいスポンジなどでこすると取れます。ごしごしと力任せにこすると外壁がいたむので、注意してください。

また、家庭用の高圧洗浄機を持っている方は、それを使ってもよいでしょう。漂白剤は、皮膚についたり目に入ったりすると危険です。

風の強い日はさけ、カッパや眼鏡を装着して作業をしてください。また、通行人が少ない時間帯を選びましょう。

業者に依頼して除去
業者の行う方法も基本的には同じです。
漂白剤をかけてから、高圧洗浄で洗い流します。
しかし、業者はプロですから素人とは比べものにならないほど、きれいに行ってくれるでしょう。

外壁塗装一括見積もりサイトでは、ひび割れ補修に適した業者も無料で紹介してくれます。
ただ、外壁塗装一括見積もりサイトもいろいろありますので、比較検討してみてください。
外壁塗装一括見積サイト比較


外壁塗装の風景

雨どい上塗り中

外壁塗装一括見積サイト比較

外壁・屋根塗装業者

外壁塗装業者の探し方・選び方

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の時期

外壁屋根塗装関連コラム



Copy Right 外壁・屋根業者選びのプロ トソプロ Co.,Ltd.
運営者情報