外壁のサビ 原因と補修方法

TOP画像


外壁塗装業者の選び方 > 外壁・屋根塗装の時期 > 外壁のサビ

外壁のサビ 原因と対処方法

この記事のもくじ
  1. 外壁のサビとは
  2. 外壁にカビが発生する原因
  3. 外壁のサビ 対処方法

1.外壁のサビとは

外壁のサビは鉄部に発生することが多く、雨戸や、雨どい、軒下の、ベランダ部分など
雨風のあたる部分で鉄部が使われている部分に発生します。

錆の発生を放置するとどんどん広がる可能性があったり、鉄を含む部分が腐食すると、表面のサビだけでなく内部も腐食します。

また、家の外壁にも錆を発生させる素材が使われている場合があり、換気扇のダクトや窓枠、鋼板を使った外壁や屋根には金属が含まれています。

金属製の部分に発生した錆が雨水を伝って外壁に流れると、そこが錆びついてしまいます。
そして、雨と晴れを繰り返すうち錆が定着してしまいます。
他の部分から流れてきた錆ですが、土台に食い込む性質があるようで、状態が進むと根を張ったようになります。


2.外壁にサビが発生する原因

外壁は紫外線や雨風に直接あたることにより劣化します。こうした劣化により、サビを発生させやすい状況が生まれます。

木造住宅のモルタル外壁の場合壁の亀裂からサビを発生させることがありますが、亀裂から入った雨水が内部へしみ込むことがあげられます。

鉄筋コンクリートや鉄骨の建物の場合、赤カビと雨水が一緒に流れ出し外壁が汚れて見えることもあります。そのほか建物の強度にかかわる基礎、柱、梁、壁面、床、屋根、階段に雨水が入ったことが原因で内部の鉄部をサビさせてしまい、外壁にサビを発生させることがあります。


3.外壁のサビ 対処方法

初期の段階であればブラシで強めにこすり落とすことも可能です。
サビは時間や日にちが経つにつれ増殖しその場所に根を張る特徴があるため、時間がたってしまたサビは擦っても落ちなくなります。

サビが根を張ってしまっていれば、専用のサビ取り剤を使用して落とすことになります。
サビにサビ取り剤を吹きかけ、しばらくしてから洗い流すという工程を繰り返します。
また、サビ取り後の部分は傷んでいるので上から塗料を塗って歩数することがおすすめです。

また、サビを予防する塗料もあります。

サビ止め塗料の役割は、サビの原因となる酸素や水分を遮断したり、外壁のイオン化を予防して、サビのつきにくいアルカリ性の状態を保ち、サビの発生を予防する効果が期待できます。

全てのサビの発生を抑制できるわけではありませんが、発生率を抑えることができます。
木造、鉄筋問わずサビ止めの塗料がおすすめです。

外壁塗装一括見積もりサイトでは、サビ対策に適した業者も無料で紹介してくれます。
ただ、外壁塗装一括見積もりサイトもいろいろありますので、比較検討してみてください。
外壁塗装一括見積サイト比較


外壁塗装の風景

屋根 中塗り中

外壁塗装一括見積サイト比較

外壁・屋根塗装業者

外壁塗装業者の探し方・選び方

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の時期

外壁屋根塗装関連コラム



Copy Right 外壁・屋根業者選びのプロ トソプロ Co.,Ltd.
運営者情報